TOP**タイトル未定**





芸能人が「お風呂ではシャンプーやボディソープなどを使わずにお湯で洗い流すだけ」と
話したことで話題となった『湯シャン』!!
「お肌が弱い」「ボディソープを使うと、肌トラブルが起きたとこがしみる」
「シャンプーが面倒だから」いろいろな理由で実践されてる方も多いのではないでしょうか?




どうして『湯シャン』がいいの?

“洗浄剤を使って洗うことで、皮脂の落とし過ぎや、すすぎ残し等が原因となり肌トラブルが起きてしまいます。
そのため「お湯だけ」で洗うことでお肌や頭皮本来が持つバリア機能を取り戻すことができる。”
と言われています。

お肌にお悩みがある方やそうでない方にも『湯シャン』が支持されていますが、
「お湯だけで、本当に汚れは落ちるの?」「トリートメントはしなくていいの?」 と思うことはありませんか?




『湯シャン』+シルクシャンプー=美髪の源である「頭皮・毛根」を元気に!

お湯だけでも、ある程度の汚れは落ちると言われていますが、さらにアーダンの「シャンプー」を
ちょい足しするだけで汚れ落ちも、お肌を整える効果もグーンとアップするんです!

主原料である「シルクアミノ酸」は人のお肌の成分に似ており、毎日使ってもお肌の負担になりません。
また界面活性剤不使用で、ボディローションとして使用できるほど(洗い流さなくてもOKなくらい)、
お肌に優しい成分でできています。すすぎ残しに神経質になることもありません。

シルクのシャンプーは泡立ちがなく、無香料のため、物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、それは裏を返せば余計なものが含まれていないということ。
最初は使い心地に慣れないかもしれませんが、使っていくうちに良さを実感していただけるかと思います。


★お湯だけの湯シャンにシルクのシャンプーを加えるメリット★
・界面活性剤による肌トラブルの心配がない。
・シルクが余分な皮脂汚れや角質をからめとり、お肌を守りながら洗える!
・シルクが頭皮のニオイに吸着し、日中の気になるニオイを抑えます!
・シルクアミノ酸がお肌の負担になりにくいだけでなく、頭皮やお肌の肌荒れ、乾燥を防ぎます。
・赤ちゃんから高齢者、お肌が元気な人からお悩みがある方まで幅広く使用できます。



オススメの『全身湯シャン術』!

<使い方 〜髪・頭皮編〜>>
育毛剤をつけるかのように、指の腹を使って頭皮に擦り込むだけ!
1度にたくさんつけず、指先に1円玉ぐらいを出す→擦り込むを何度か繰り返し、まんべんなくつけてください。
タイミングは「お風呂前につけて、洗い流す」か「タオルドライ後につけ、ドライヤーで乾かして」ください。
どちらかでも、両方でも構いません。

※これまでにシャンプーで洗髪を行っていた場合、初めのうちは皮脂が過剰に分泌されベタつきが
気になることがあります。 続けていくうちに頭皮の皮脂分泌は落ち着き、ベタつきはなくなってきます。
どうしてもベタつきが気になる時は、「お風呂前」と「ドライヤー前」の2回をオススメします。
整髪料等を使用されたときは、一度シャンプーをされてから使用してください。



<<使い方 〜身体編〜>> ※どちらかでも、両方でも構いません。
その1 お湯をかけた後、適量を手に取り全身に塗ります。その後洗い流してください。
その2 タオルで全身を拭いた後、お肌が乾ききってしまう前に適量を手に取り体に塗っていきます。
乾燥が気になる部分だけでも大丈夫です。

※塗っているうちに消しゴムのカスのようなポロポロしたものが出てくることがあります。
これはシルクがお肌の余分な角質をからめとったもので、出てくるからといってゴシゴシこすらず、
表面をなでるようにはらい落としてください。



シルクの効果をより高めるには、
お風呂あがりのお肌や頭皮がしっとりしている時につけるのがポイント!
肌なじみが良く、長くおくことでシルクの美容成分をじっくり浸透させることができます!











あなたはどれ派?アーダンのシルクシャンプー!